So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ふたりだけの同窓会 [hearts]


小学校の時
勉強も運動もできて快活で
クラス委員長とか毎年やってて
すごく優しい男の子がいた。
ゆうちゃん。

その子と女子の人気を二分するように
サッカーができてちょっと勉強は不得意だけど
すごくリーダーシップがあって
意地悪するけど何故かモテてる男の子がいた。
まっちゃん。

なにかと女子の間で話題に上るこのふたりの男の子
転校してきたかわいくて活発な女の子…ゆかちゃん…が
どちらを好きになるか
やきもきしていた女子がたくさんいた。

そんななかゆかちゃんが選んだのは
身長が高くて足が速くて優しい男の子
その子は
決して人をいじめるようなことはしない子。
うめじくん。

もちろん、うめじくんも人気が高くて
うめじくん派の女の子はゆかちゃんの行動に
一喜一憂していた。

…わたしは
その頃の私は なかちゃん が気になっていて
ゆうちゃんともうめじくんとも仲良かったけど
同級生の仲良し、という感じだけだった。

ゆうちゃんは小学校卒業と同時に他市に引っ越し
うめじくんとは中学校も同じだったはずだけど
1学年450名近い生徒がいたせいか
話をした記憶も全くなかった。


中学を卒業して30数年、
目の前にいるうめじくんはすっかり渋くなっていて

 もう白髪ばっかりだよ

って
あの頃と変わらない笑顔で笑ってた


…わたしは
すごく真面目で堅い子だと思われていたらしく

 あ、なんか会ってすごく印象変わった
 俺のイメージだとすごく真面目だったから
 会ってさ、
 政治の話でもしなくちゃいけないかと思ってた

って。


お互いの30数年という年月が
重なる思い出と
それぞれの人生の機微を感じさせ
お互い地元を離れて生活している感覚とか…
共有できる思いもたくさんあって


ふたりだけの同窓会は

 あいにきてくれて
 ほんとうにありがとう

その言葉に終始する


うめじくんが

 再会したことだし
 手をつないで帰ろうか

って
私の左手をとって
自分の右ポケットに入れたとき

小学校のグランドを走り回って転んだ私を
助けてくれたうめじくんの手を思い出した

おとなのドキドキじゃなくて
なんだろ、
懐かしい感じ。


駅までの10分。
タクシーを待つ10分。
笑って昔話をしている私の左上に
うめじくんの笑顔があって
うめじくんの手のあたたかさがあって
早い朝を待つ駅のロータリー
私には
夕焼けのグランドが重なって見えていた。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

mamia。裏と表。 [sensitivity]


Facebookのアカウント持ってはいたけど
ずっと怖くて稼働させずにいた
なんとなく
その時期が来たのかな、って感じたから
公開して友人に見つけてもらえるようにした

職場の後輩から
中学の友人から
そこそこ友達申請が来て
「つながる」ことへの恐怖感みたいなものが
ちょっとだけ変わった気がした


今までの「見つけられたくない自分」は確かに存在して
いまも根強く存在して
だけどその一方で
自分がきちんと自分の力で生きているんだ、ということを
きちんと自分の友人知人に知ってもらいたかったりと
複雑な心境は変わってはいないのだけど

今の職業である以上
情報や横のつながりは必要不可欠で
知識や現状把握にSNSは有効なツールであることは
疑う余地がなくて

友人知人の確固たる信念や活動を見て
自分もそうありたい、と思う反面
そんなのをアピールしてどうなる、という
意地悪な自分もいて

だけど、それが自由なんだ、ってことが
それが表現なんだ、ってことが
どうやら私にも感覚的にわかってきたみたい

必要なものだけを吸収し
今必要でないものや悪しきものは
別に気にしなければいいだけのこと  
情報の取捨は自分の判断でできること

そう思ったら
少しだけ楽になった

Facebookだけで自分が語られるわけでもなく
ここで
こうつぶやき続けている自分も確かに自分で


表mamiaと裏mamiaがあるとすれば
ここはたぶん裏mamiaで
すごく深い部分で裏mamiaで
表mamiaは公的なmamiaになってくるのだろう

なにも変わるわけではなく
表裏あってのmamiaだというだけのこと
これまでの表mamiaはあまりに臆病すぎて
その臆病さゆえに裏mamiaに依存し続けていたから
この辺で少しだけ表に出てがんばらないと


表mamiaを知っている友人は
裏mamiaを知ることがなく
裏mamiaを知る人は
表mamiaを知ることがなく

それが可能になったことは
私にとっては幸運なのかもしれない




公的な私が
こんなに闇の部分を持っているとは
だれも思っていないところが
またなんとも言えないんだけどね。

きっと誰にでもある
裏と表。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

てがみ。 [hearts]


ことし初めから関わってきた件が
特集として全国紙のトップをかざり
その流れで私のコメントも少しだけ掲載され

その担当記者さんからお礼の手紙が届いた

 証人尋問のなかでmamiaさんの話されたことが
 私の伝えたいことだ、と思いました

記者さんらしい端的な
そして温和なことばでつづられた手紙に
私も勇気づけられた

特集として取り上げる題材は
とても繊細な問題であるがゆえに
加害者を一方的に責めるものにならないか
加害者の背景にある問題をどう伝えたらよいのか
記者さんも考えていたようで


仮に
本当に
証人尋問で私の語ったことばが
記者さんの「伝えたかったこと」を
後押ししたのであれば
あの時
あの場所に
私が立った意味が確かにあったんだな、って


弁護士さんにとっては
いかに刑を軽くするか、が仕事であって
私たちの立場からしてみれば
支援を求めることができない人に
どう支援を結び付けていくか、が求められていて
視点の違いがあるからこそ
多面性をもつ社会問題にも向き合えるわけで


あの日、私は確かに
はっきりと、しっかりと答弁をした
それが
要支援者のみならず
違う視点から社会問題として
この件をとらえていた記者さんにも
しっかりと届いていたことに
驚きと喜びを感じている


数社の記者さんからインタビューを受けたけど
この社の記者さんだけが
本当に私が伝えたかったことを
きちんと受け止めていてくれたことに
感謝も感じている


仕事じゃなくて
ボランティアでやっているということが
一番のポイントなんだけどね


てがみ。

ちょっとだけ
自分の存在を認めてもらえた気がする。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の3件 | -