So-net無料ブログ作成

that day 7-1 [that day]

 
あの頃、私、つらい恋愛していたんです。
自分から終わりにしないといけない、って
わかっていても踏み切れずにいて。


あなたが私のことを気にしているんじゃないか、って
先輩から聞いたのはそんな頃だったの。
私、あなたの射とても好きだし、尊敬しているし、
いつも穏やかで礼儀正しくて…
そんな人が気にしてくれているなんて
ほんとかな、って思て。

あなたと視線があうと
すこしドキドキして
年甲斐もなく、ドキドキしてたの。
だったら、いっそ、つらい恋愛なんてやめて…
なんて思ったりもしたの。



そんなときにあなたから
「抱きしめたい」って言われて。
最初はとまどったけど
それ以上にすごく嬉しかったの。
私にも普通の恋愛ができるかもしれない、って。
ちょっと思ったりして。


 
エキストラたちは、
青の点滅信号を笑いながら渡っていった。

道を挟んでぼくと彼女だけが取り残される。
ビルの看板を見上げ
落ちてくる水滴を気にしながら
彼女が続ける。

ぼくは彼女の唇からこぼれることばを見つめた。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。